洗面台のシャワーホースの水漏れ原因と対策

シャワーホース付きの洗面台がありますが、長年使用していると水漏れなどのトラブルが起こり得ます。ホースやヘッドなど部品の劣化も一つの要因で、おおむね10年に一度が交換時期とされています。自分で修理するのも一つの方法ですが、間違った方法だと被害が大きくなりかねません。

■ワンタッチジョイントタイプを交換する場合

多く見られるタイプのシャワーホースです。交換作業の前には忘れずに止水栓を閉めましょう。それから洗面台下の、ホースが格納されたカバーを外します。ジョイント部分を下に引っ張ることでホースは外れます。中に溜まった水で床が濡れないよう、あらかじめタオルを敷くなど対策しておきます。洗面台の上部からホースを抜き取り、ヘッド部分を外して新しいものと交換します。元のように差し込んで、ジョイントを装着すれば完了です。

■シャワーホースの選び方

交換する際には、メーカーのマークや品番記載のシールを確かめましょう。ほとんどの場合、交換場所の周辺を探すと見つかります。そのうえでメーカーに連絡すれば対応するものを教えてもらえます。わからない場合は、ホームセンターなどへ取り外した部品を持参しましょう。ただし、古いものだと揃わない可能性もあります。


■まとめ
ワンタッチジョイントタイプのシャワーホースは、工具があれば自分で修理や交換が可能です。手順を知っていれば水漏れが起きても慌てずに済みますが、難しい場合は、専門の水道業者などに相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ