洗面台の水漏れ修理が必要にならないように気を付けること

毎日洗面台を使用すると、少なからず機器や部品の劣化が生じます。それに伴い水漏れの症状が出て、修理が必要になってきます。日頃の生活で、可能な範囲で注意をしておくと、快適な使用期間を長く保てます。

■洗面台の水漏れを防ぐためにすること

日頃から洗面台の使い方に気を付けておくと、水漏れが起こる可能性が下がります。それに伴い、修理や機器の交換までしなくて済みます。
大量の水を流すと、排水パイプや排水管など機器に相応の負担が掛かります。傷みが生じたり、劣化を進める要因となります。また、つまりが原因で水漏れが発生する可能性があるため、髪の毛や小さいからと言ってゴミを流さないようにしましょう。網を排水口に設置すると、防止ができます。また、3か月に1回程度は洗浄剤を使って排水パイプを清掃すると良いでしょう。

■洗面台下の収納方法でも水漏れを防げます

洗面台下に、アメニティーなど大量に物をしまい過ぎると、トラブル発生の可能性がでてきます。ぎゅうぎゅう物を詰め込むことで排水管に負荷が掛かり歪むと、水漏れの原因となります。歪みの程度によっては、修理が必要になってきます。
使用しないものは処分をし、必要なものは用途別にグルーピングしましょう。ファイルボックスを活用して収納をすると、洗面台下が快適になります。

■まとめ
日頃から、洗面台の使い方や洗面台下をゆとりを持ったスペースにしておくことで、水漏れが起こりにくくなります。修理が必要なくなり、いつでも気持ちよく使用できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ