洗面台の蛇口の水漏れが起きた際の修理ポイント

洗面台の蛇口はにはお湯と水の2種類からなるハンドルタイプと、レバーを上下左右に動かして水を出すシングルレバータイプがあります。どちらのタイプの蛇口も、接続部分の緩みなどにより、水漏れ 修理が必要な場面が出てきます。

■水漏れの症状について

蛇口の形状に関わらず、吐水口のあるスパウトの部分から水漏れが起きて、常に水滴が落ちることがあります。水が止まらないからと言って蛇口をきつく締めたり、レバーの調整をしても改善されないケースが多いです。内部部品が古くなって傷んでいることによって不具合が起きているため、ハンドルタイプであれば内部のコマパッキンが、レバータイプであればカートリッジの交換が必要です。

■修理をする際に注意すべきポイント

ハンドルタイプの場合、部品を取り付ける際に、強く締めすぎると動きが鈍くなり操作しづらくなります。レバータイプでは、ハンドルタイプに比べて構造が複雑で、自分で部品交換をするのが難しいことが多いです。さらに水の流れを制御するカートリッジは、無理に扱うと割れてしまいますので、取り扱いには注意が必要です。


■まとめ
蛇口は経年劣化により部品が劣化して、水漏れを起こしやすくなります。水漏れ 修理の際に部品の接続が必要なケースでは、強く締めすぎないようにすると良いでしょう。また、部品を取り外すだけでなく、取り付けの作業が必要になります。難しい場合や重度の症状の場合は、自分で対処することは控えてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ