水漏れなどの水のトラブルが起きた際洗面台の交換は必要?

洗面台の耐用年数は、概ね15年から20年です。古い洗面台を使用していて度々水漏れなどのトラブルに悩まされているのであれば、思い切って洗面台自体を交換する方法もあります。

■不具合が起きたパーツ交換だけでも良いか

洗面台の蛇口やホースなど、一部分から水漏れなどの水のトラブルが起きているケースがあります。洗面台がまだ新しく、特に不便な思いもしていないのであればトラブルが発生している箇所の修理で済ませると修理費用を抑えることができます。
しかし、古いタイプの洗面台だと、既にメーカーの製造が終了していて交換用の部品が揃わない可能性があります。その場合は修理ができないため、洗面台の買い替えを検討したほうが良いでしょう。

■洗面台の選び方

水回りの設備メーカーが販売している洗面台には、ある程度大きさが決められています。使用中の洗面台と同じ大きさのものに交換するのも良いですが、もしもスペースに余裕があるのであれば、一回り幅が広いものを選ぶと、収納スペースが増えたり、洗面ボウルが広くなったりして多用途に使用できます。
洗面ボウルのデザインや素材は各メーカーそれぞれ工夫を凝らし、汚れが付きづらい素材や水切れのよいデザインにするなどお手入れしやすいものが販売されています。

■まとめ
洗面台を長く使用していると、どうしても水漏れや故障は避けられません。古い洗面台を使用していて、部品が入手できず修理不可となった場合は交換が必要になります。水道修理業者では洗面台の交換も可能なため、修理と交換の両面から相談してみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ