配管の水漏れが起きた際の応急処置とは

水道関係の配管は、きれいな水が流れる給水管と使用済みの水を流す排水管があります。給水管は蛇口をひねるとすぐに水が出るよう常に圧力が掛かっていますが、排水管の場合は流れやすいように傾斜がついているだけで、圧力は掛かりません。水漏れをはじめ水のトラブルは起こる可能性があり、その際に応急処置が必要なケースがあります。

■給水管から水漏れ時の応急処置

給水管にトラブルが起きた際は、水道メーターのすぐ近くにある元栓を締めましょう。ただし元栓を締めると建物全体の水が止まるため不便な面もあります。トイレや洗面台など止水栓のある所の水漏れであれば、止水栓を締めると良いです。止水栓がどこにあるか分からない、固着していて締めることができないといった場合は元栓を締めてください。


■排水管から水漏れ時の応急処置

排水管の場合、配管補修テープを用いて水漏れを防ぐのも一つの方法です。しかし、目に見えない床下などで、水漏れが起こる場合があります。気付くのが遅れれば汚水が柱や基礎にまでしみ込んで影響が出ていることもあります。排水管の場合は使用中以外は水が流れることはありませんので、使用を中止すればそれ以上水が漏れることはありません。すぐに信頼できる専門の水道業者に相談しましょう。

■まとめ
給水管と排水管それぞれの配管で、水のトラブルは起こり得ます。水漏れを放置すると二次被害を起こし、家屋全体に被害を与えてしまいます。応急処置をしたうえで、適切な処置を行う必要があります。もし水漏れから発見まで時間を要していた場合、家屋へのダメージも考えられますので、被害状況の確認も依頼する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ